久しぶりのCentOS(6.4-i386)インストール

久しぶりにCentOS(6.4-i386)をインストールしたので備忘ログ

  1. とりあえず、標準サーバでインストール
  2. ipv6をoff
  3. iptableをoff
  4. ntpで時間合わせ
  5. アンチウィルスソフト(clam antivirus)のインストール
  6. apache(httpd)をインストール
  7. MySQLをインストール
  8. PHPをインストール

ipv6を無効にする

1. /etc/sysconfig/networkに以下を追加。

vi /etc/sysconfig/network

NETWORKING_IPV6=no

2. /etc/modprobe.d/disable-ipv6.confファイルを作成して以下を書く。

vi /etc/modprobe.d/disable-ipv6.conf

options ipv6 disable=1

3. 以下を実行。

chkconfig ip6tables off

4. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0を変更

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

IPV6INIT=”no”
IPV6_AUTOCONF=”no”

5. 再起動。

reboot

iptableをoff

サービスを止める

/etc/init.d/iptables stop
/etc/init.d/ip6tables stop

再起動時に起動しないように設定

chkconfig iptables off
chkconfig ip6tables off

ntpで時間合わせ

※ntpが入っていること

ntpdate ntp.nict.jp

アンチウィルスソフト(clam antivirus)のインストール

http://centossrv.com/rpmforge.shtml

※clamd startする前に下のコマンドが必要
http://centossrv.com/clamav.shtml

freshclam

Apache(HTTPD)をインストール

yum -y install httpd

デフォルトは/etc/httpd/conf/httpd.confにすべての情報が入っている

AllowOverrideをAllにする
Options のIndexesを削除する

virtualhostの設定をしやすくするため、最後に次の1行を設定

Includes conf/virtualhost/*.conf

virtualhostディレクトリを作成

mkdir /etc/httpd/conf/virtualhost

バーチャルホストのテンプレを作成

cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/virtualhost/default.conf.tpl

default.conf.tplを編集して、Virtualhostディレクティブのみにする

MySQLをインストール

yum -y install mysql-server

PHPをインストール

yum -y install php
yum y- install php-pdo
yum y- install php-mysql

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です